スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 癒す人

感情のコントロールの必要性に迫られた夏。無邪気であることの美しさ、素直であることの純粋さに憧れ心奪われた33年だった。この夏、180度舵を切らされた。感情のコントロールの必要性に迫られた夏。

無邪気で素直な人は、生の活力に満ちた人。発奮する人。周りを惹きつけ呑み込み渦を創り出す人。JAZZを通してそのやり方を教わった。私にはできる。自らが光り輝くことで、世界を巻き込める。

感情のコントロールができる人は、癒す人。受け止める人。穏やかに寄り添い温める人。必要な時機を見極め、悲しみを取りのぞく手を差し伸べられる人。私にできるだろうか。自らを律することで、絶対に世界を見逃さない。

自分の湧き上がる感情は、いつだって箍を外して出してあげられる。それは、私の内に出すに留めるべきだ。音を通じて自分との対話に留めるべきだ。言葉に乗せて他人に投げつけたら度を越してしまう。
言葉にはしない。歌ってもいい。でも言葉にはしない。飲み込め。飲み込んで、落ち着いて、なぜそれを言葉にしたかったのか、冷静に考える。自分の主張が受け容れられなくても大した事じゃない。後からいくらだって説明できる。自分の主張を叫ぶ前に、相手の考えを咀嚼しよう。肯定しよう。肯定することに専心した後、時間が許すのであれば、自分の考えを根拠を踏まえて丁寧に説明しよう。時間が許さないのであれば、自分の考えは水に流そう。

挑まない。否定しない。丁寧に説明する。癒す人になりたい。
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。