スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Free thinker

永遠と一瞬の間に距離はないのかもしれない。永遠と一瞬は同じ時間なのかもしれない。両者は時間軸上の同一点であり、あるいはその二点間の距離はゼロであって、それゆえ二点を行ったり来たりする無限ループが形成されているのかもしれない。その点上に真理や、自然や、日本語が表す美や、西洋人が捜し求める愛があるのかもしれない。

真理を求めるのは人間の本能的欲求だろうか。美や愛を捜し求めてやまないがゆえに、人は祈り、文化を生み、社会を創り上げた。この強大で無尽蔵な欲求は、外界及び他者との感覚、感情、思考の伝達と疎通を基に体現している。

人間の作り出す情報のやり取り、即ちコミュニケーションは、言語、文字、絵画、音楽などの未だ原始的な媒体により実現しているが、その情報処理の方法は、書物に代わりコンピューターやSNSといったものに日々目覚しい発展を遂げている。言語(聴覚あるいは視覚)、映像(視覚あるいは視覚と聴覚の組み合わせ)、VR(視覚と聴覚の組み合わせあるいはそれプラスその他の感覚)やAIの研究が世界中で行われている。但し思考の直接的な伝達手段の確立に人類は着手していない。思考という媒体の簡潔な伝達こそが情報処理の発展の最高地点であり、究極のコミュニケーションであるのに。

事象の地平線の先には観念の世界があるかもしれない。観念世界において、真理の共有は可能だろうか。永遠あるいは瞬間の共有は可能だろうか。一人の人間が捜しあてた愛を他の誰かに伝達しようとする時、そこに距離がある時点で真理は見失われる。受け手となるもう一人が同じ瞬間を距離ゼロで経験して初めて二人の人間はそれを共有し得るのではないか。そうであるならばもはや感覚、感情、思考の伝達は不要である。そこに在る。それだけで全ての共有は完遂している。自然と同じだ。そこに在るもの、そこに既に感覚も感情も思考も存在しているのに、そこに既に真理も美も全てあるのに、人は皆その中に見えない聞こえない愛を捜そうと毎日必死にもがいている。
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。