スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 他所者のベクトル

外国人であること。
外国人であるということは、それがどんなに近い国家、民族、文化であったとしても、その国へ他所から来た者であるという意味だ。同一国内でさえ、どんなに小さなコミュニティーでさえ、一家族の中でさえ、新参者や他所者を排他する風潮は、人間の性として世界中どこでも普遍的に見られることだ。
他所から新しいコミュニティーへ加わる際、それが自らの意志で望んだ故であれ、自然的、人為的、あるいは運命的な抗えない理由からであれ、加わる者がそこへ同調しようと努力する必要がある。そして他所者に遭遇した者は、外部からもたらされる未知で異質な人間の違いを知り理解する必要がある。どちらが欠けても受け入れは成立しない。受け入れが成立しなければ世界平和は達成されない。
加わろうとする者のベクトルは、受け入れに遭遇する者のそれより大きくなくてはならない。そこに初めから暮らしていた者へ敬意を表す必要があると考える。加わろうとする者が受け容れに遭遇する者より多数であったとしてもそれは変わらない。数ではない。時間を重んじる。加わろうとする行為が例え何かに強いられた行為であったとしても、後から来た者の努力が受け入れ成立に最も欠かせない大切な要素である。
移民政策に悩む各国は、加わろうとする者の努力が足りないことを案じている。どんなに受け容れる側が努力しても、加わろうとする者がそれ以上に努力しなければならない。
さらには、海外での社会生活を円滑に進めるために、外国人であることを隠そうとする友人さえ大勢いる。名前を隠し、言語を隠し、姿を隠そうとする。文化風習を隠そうとする。書類の上では現地人に装えるかもしれない。しかし、あなたがあなたであることを隠すことはできない。私が私のルーツを持っていることを隠すことはできない。その人間の起源を取り消すことはできない。
無駄な軋轢を回避する為に己を偽る行為に疑問を感じる。ありのままでありすぎてはいけない。同調しようと努力し、受け容れに遭遇した方々への敬意を忘れてはいけない。でもそれは嘘をつくことではない。愛することは知ることだ。知ってもらうには、偽らない私を見せなければならない。他所者の努力のベクトルは、受け容れてくださる方々より大きくなくてはならない。そしてその矢印は、真実の矢印でなくてはならない。

スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。