スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 人生の奇異

毎日帰宅途中のバスの中で、ふと我に返る。
私はなぜここで、見知らぬ外国で、姿かたちも言葉も文化も異なる人々の社会で、当然の様に過ごしているんだろう。
人様が築き上げた環境で、他人の世界で、日常を送っているんだろう。
それを夢見たわけでも心から望んだわけでもない。
ただ気づいたらここへ辿り着いていただけ。人生の奇異だ。

間借りしている感覚が嫌なわけでは決していない。
こうして赤の他人を受け容れてくれたこの土地の人々の寛容さに感謝し、こうして赤の他人の土地にそれとなく溶け込み始めた自分を自画自賛しているだけだ。
ただ日本以外の国で暮らす限り、この感覚は一生払拭できそうにない。
たかだか三年の生活だが、母国では決して味わえない不思議な浮遊感だ。

逡巡はとめどない。
帰郷する前提の通り過ぎていく暮らしなのか。
いつかは第二の故郷と呼べるほどにこの国から離れ難くなるものだろうか。
日本というとりわけ閉鎖的な民族意識の強い出身であるからこその感覚か。
起源に関わらず、一人の人間として経験する類のものなのか。
選択することは自由と同一であれど、選択することが全てだとは思わない。
人生の奇異だ。
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。