スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 言語と思考

 第二言語を学習する者にとって、自分の考えを正しく相手に伝えることの難しさは痛いほどよく分かる。スウェーデンに暮らす日本人のほとんどが、それまで耳にしたことすらないスウェーデン語という未知の言語と日々戦っていることだろう。
 コミューンで働き始めて数ヶ月が経ち、仕事の内容もだいぶ分かり始めてきた。使いこなせはしないものの、日々飛び交う専門的な用語すら耳に馴染んできた。新しい単語、更に辞書に載っていない業界の用語が相変わらず毎日現れるが、少なくとも、それが何かを質問できる勇気や、質問する正しい相手とタイミングを見極めるコツ、更に同僚側に生まれた、私にはとりわけ簡単な言葉を使おうというような暖かい理解など、仕事をスムーズにこなす下地が有難くも築けてきた。
 多言語を操る際に脳内のスイッチを切り替える感覚は、私のみならず多くの人が経験しているだろう。浴びるようにスウェーデン語に触れている今、かつてもう少し話せていたはずの英語が分からなくなったという話題は常に上る。最近は、何かひらめいたときやメモを取りたいとき、それを日本語で書こうかスウェーデン語で書こうか頻繁に迷うようになった。結局スウェーデン語では正しく脳内の思考を表現できないと一瞬で諦め、いつもの様に日本語で書き留めるに至る。しかしそこで疑問に思った。そもそも日本語でならば正しく出力できると信じているのが間違いではないか。
 私の脳みそだけかもしれない。何か考えをめぐらしている時や、新しく入力された情報が既知の情報を刺激している時、その漠然とした考えは、脳みその中にあるだけで未だどの言語にも変換されていない。ただのもやもやした思考だ。もやもやはもやもやの形式のまま脳内の記憶に照合されたり、別の思考に変化したり、新たなひらめきを産んだりする。すなわちどの言語で入力されようと、入力された情報は脳内でもやもやに一度変換され、もやもや拡張子のまま処理される。出力する時初めて、もやもやは好きな言語に変換できるのだ。
 もやもや処理は高速処理だ。もやもや処理に出力が間に合わなく幾度あたふたしたことか。頭の中をそのまま見せたいと幾度思ったことか。果たしてそれは日本語を選択して解決される問題ではない。日本語でも、スウェーデン語に比べ圧倒的に頻度が少ないにせよ、全く同じ苛立ちを経験している。
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。