初詣

スウェーデンの年越し

大晦日、お家で晩御飯を食べる
(豪華だけど普通のご飯)
いつの間にかカウントダウン
街でも道でもそこらじゅうで盛大に花火が上がる
(王宮では打ち上げ花火の国際大会が開催、便乗して地元の若者もそこらじゅうで花火を上げる)
年が明けてクラブへ行く
クラブは午前3時閉店しないといけない法律なので皆帰る
元旦はひたすら寝る

花火以外はお正月を感じられません。
良く考えたら年越し初海外。
お正月要素がないーーー

当たり前だけど
紅白歌合戦…見られません。
年越しそば…売ってません。
除夜の鐘…鳴りません。
年賀状…届きません。(郵便局は年始休み)
おせち料理…作れません。
おせちに代わるお正月的食べ物…ありません。

せめてと思い
初詣行こう→神社ない→教会でいいか
教会…開いてません。(年始休み)
教会はせめて開いてて欲しかった。

あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーお雑煮食べたい。
失って初めて気づく尊さ。
お餅を大切にね!
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード