タイの人のね、

スウェーデンではなくやたらタイばかり思い出す淑子ですが、
印象的だったことが二つ。

①鳥の鳴き声が変
多分日本で言うところの鳩とか雀くらい日常的で有り触れたその辺にいる小鳥の鳴き声が、素晴らしい。
鶯くらい?日本人に馴染みがあって誰もが知ってる美しい鳥の鳴き声って?
タイの街中は綺麗な鳥の鳴き声であふれてました。
南国だなーホントに綺麗な鳴き声だったなー

②老人に優しい?
バスとか乗っても、おじいちゃんが乗車するとおじいちゃんに一番近い人が必ず席を譲る。
一番近いところにいた人であって、敢えて善意を持って声かける人ではない。
そして「どうぞ」も「ありがとう」もない。
多分「譲る」「譲られる」という構図はない。
つまり、譲るのは当然のことで、そこにお礼も優しさも必要ない。
そこまで堂々と憮然とした表情で行われると、
弱者がケアされることが当然の普遍として行われると、
日本のシルバーシートとかは一体何なんだろうと思うけど?
同じアジアなのに。きっと日本も昔はそうだっただろうに。
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード