スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TJ-WE MADE IT

この旅行に出る時、そういえばママが一言だけ言ってました。
「ケンカしないでね」
決して気をつけてねとか、心配するようなセリフではなかった。ただこの一言だけ。
旅にケンカは付き物だけど、よしこは3人旅にそれはあり得ない、って説の持ち主だった。
だって必ず誰か一人が仲介に入れるから。
しかし今日、この説はことごとく覆されるのです、、、

うちらのかわいいレンターカーちゃんの調子が悪い。
なんだか馬力激減?すんごい遅いの。まぁしょうがないかって言ってた。
ブランは実は学生で、うちらと遊びほうけるあまり一つ宿題を忘れていたらしい。
今朝はブランが宿題するのを待っている間、再びはるかと二人でdown townを散策してみることに。
ほんとはシーワールドとか行きたかったんだけど、高い高い!
そんなに長時間待つわけでもないしね。

ダウンタウンを実際歩いてみて思ったこと。
サンディエゴは白人が多い。
次にメキシカンかな?ラテンの人々。
黒人や東洋人はとても少ない。
そして年配の方が多い。
サンディエゴにもghettoと呼ばれる地区や、ゲイタウンがあったけど、それらは見た感じ他とあんまり変わらない。
街中にJAZZの箱を探したけど、一つしか見つけられなかった。
他にブルースの店もあったが一番多いのはロック。
やはり白人が多いからだろうか。
JAZZの香りが全くしないのはちょっと残念。
巨大なスーパーに入ってみた。
アメリカのスーパーはでっかいね!
食材だけは日本の比にならない位豊富だよ。
けどスーパーにもランクがあって、今日入ったとこは今までで一番リッチな感じがした。
焼きたてのパンとか売ってる時点で。
ランチにサンドイッチを食べることにした。
店員の女の子は、英語がままならない。多分メキシカンなんだろう。
でも紙とペンを使って丁寧に接客してくれる。
しまいには飲み物を試飲させてくれたり、別に頼んだわけじゃないのに皆親切だな。

午後、ブランと合流していざメキシコへ!
はるかが腹痛に見舞われてちょっと心配。なんでも昨日のクラブでハッスルしてカクテルの氷を食べたからだとか。
ブランと二人でないない、と否定。あたしも氷たぶん食べたぞ。でもとにかくちょっと心配。
ブランがどうしても連れて行きたがってたドーナツ屋さんに行く。
ブランいわく、世界で一番おいしいドーナツだって!ミスドがなんだ、だって!
けどよしこ、店に入った瞬間充満するドーナツの匂いにもう一撃ノックダウン、、、
ドーナツて好き?
よしこ一口でお腹いっぱい、もういいやって感じ、、、
しかもあいつ一人12個頼もうとしたからね!DOZEN!単位間違えてませんか!
ほんと、ドーナツ屋で働く人たちをよしこは無条件に尊敬するよ。
ああ一日中あの匂いの中にいるなんて、、、地獄、、、

かわいいレンタちゃんが限界を迎える。
なんと!ウインカーが全く作動しなくなってしまったのです。
where is our winker?
いったんホテルに戻って、ブラン果敢に故障箇所を調査。
ライト自体に問題はなくて、多分ケーブルとか接続が悪くて点かないんだろうって結論に。
オートバックスみたいなとこに行って部品を買って交換してみました。
点きません。
ブランドン開き直りました。
「カリフォルニアの人は、皆ウィンカー使わないから大丈夫。」
というわけで、ウィンカー無しで一路メキシコを目指す!すでに日没!

ティファナ(通称TJ)は、スリリングな町でした。
ぎりぎりアメリカのとこに車を置いて、徒歩でメキシコ入国。
入国っつっても、がらがらドアまわしてゲート通るだけでなんのチェックもないの。簡単!
しかしそこは最早メキシコ。英語もドルも通用するけど、夜だというのに紙コップ持った子供達はたかってくるし、道路では普通に喧嘩沙汰が繰り広げられてるし、いかにも危険な空気でいっぱい。
なぜうちら敢えて夜訪れてるのかね(笑)
ブランが、初めて「ちゃんと3人そろって行動するように」って忠告しました。
勝手に動いちゃダメだよって。
一番うけたのはおいしいタコス屋さんのトイレ!
トイレに入ろうとしたら他のお客さんに「気をつけて!」って声かけられたの。
入ってみたら、便器は二つ。もちろん壁で仕切られてるんだけど、それぞれのドアが…
縦半分なの。
上だけとか下だけとかじゃなくて、ちゃんと蝶番で止まってる木のドアが、縦半分しかないの。つまり左側全開。
まじ意味わかんないわーいろんな国のトイレ行ったけど、こんな無意味なドアをなぜつけたのか?
ジュークBOXがあってメキシコの音楽が流れてたけど、メキシコの曲ってイントロとかアウトロがすごい短いの!2拍くらい!
唐突に始まり唐突に終わるの。面白いなー
メキシコ謎、、、

しかしよしこ、その頃既にテンション上がりまくり、コロナ2本で昇天してました。
なんか他にもメキシコのビール飲んだけど覚えてないな。
タコス屋さんでのうちら3人はこの旅一番噛み合ってて、ホント楽しかった!
そしてうちらはハイテンションのままメキシコのクラブへ。
よしこ途中から記憶がありません。ごめんなさい。覚えているのは、トイレで号泣してるとこから!
よくわかんないけど切れて一人でハコから飛び出しちゃったり。
ブランもはるかもどこいるのかわかんなくて、ぶすっとしてたり。
そんなよしこを助けてくれたのは、メキシコの皆でした。
まぁうちら明らかに日本人+ブラックで浮いてたからね。目立ってたのは事実だけど。
謎にみな名前を知っていて、"yoshiko!yoshiko!"って声掛けてくる。
一緒に二人を探してくれたり、様子見に行ってくれたり、とにかく心配してくれた。
あの一晩でよしこは今までの人生で一番下卑たSHOWを目撃したり、信頼してた友達に裏切られたと思ったり、同時に友達として友達を救えなかったと自分を責めたり、
本当に一度に沢山の出来事に遭遇した。
でもまぁ酔っ払ってたんで、しょうがないって言うか何の説得力もないって言うか、
ほんと、記憶飛ばしてすみません!
何より助けてくれたメキシコの皆、ほんとにありがとう!
お礼だけはちゃんと言ったのを覚えてるので、まぁ良しとしよう、、、
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。