スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 言語と思考2 あなたの赤とわたしの赤

あなたが思い描いている赤と、わたしが思い描いている赤は完全に同一ではない。スウェーデン語が定義する赤と、日本語が定義する赤も、きっと想像以上に異なるはずだ。西欧の言語のなんと理論的で男性的なことか。アジアの言語のなんと抽象的で女性的なことか。

まずそこに赤という事象がある。自動的に日本語発の思考回路を持つわたしが、わたしという人間、若しくは感性を通してその事象を説明するとき、赤が包括する範囲は西欧人のそれよりもはるかに広範だと思う。スウェーデン人は点の話をする。点と点を結ぶ話し方をする。確立された一つの点から、その外側へ広がって全体へ到達しようとする。わたしは知らず知らずのうちに滲んでぼやけた染みの話をしている。染みの濃淡やいびつな形についてを話している。染みと染みでないところの境界すら不鮮明な大きな染みの、その内側に内包されるはずの点を探しに行く。

真理へのアプローチの仕方が違う。簡単なことでも、説明したはずなのに伝わってないと感じることが多い。語学力は然ることながら、そもそものアプローチが違うからだとしか思えない。同じことを相手も感じているに違いない。説明したばかりの点が見えてない。しかし点の外側に何があるかは既に知っているのだ。

こんなことばかり考えているからだろうか。日常のすべてを脳内だけで済ませようとする自分がいる。思考の中の真理を探してばかりで、現実世界の真理をすっかり忘れてしまっている。思考をどれだけ具現化できるかが人間の生きる糧であったはずなのに。具現化しようと思い至る前に思考の中の次の赤を考え始めている。現実世界へ出力する機会を失ったまま、思考の中だけで生きて行くことは可能だろうか。わたしにとっての優れた人とは、考えるより先に体の動く人たちのことだ。体を毎日惜しみなく鍛えることで、思考というステップを飛ばして真理を体現できる人。果たしてその逆はありうるだろうか。思考がとめどなく不断に拡散されていけば、体現というステップを飛ばして真理を思い描けるだろうか。真理はどこにあるのだろう。現実の中か、思考の中か、真実の赤は何色だろう。
スポンサーサイト

 女性の社会的地位と生物学的役割

私は昭和を代表する両親の元で育った。戦後日本を支えた団塊の世代であるサラリーマンの父と、専業主婦の母である。父は誰よりも早く家を出、誰よりも遅く帰宅する仕事人間で、あまり出会うことがなかった。あらゆる日常の相談事は母にするのが当たり前で、毎日必ず「お帰り」を言ってくれのも母であった。元来家父長制度や戸籍制度を採用してきた日本において、社会に出るのがまずは男性である事実は、最早当然であり、その中で育った私にも言わずもがな根付いている。

機は学生時代に訪れた。私は都内でも屈指の自由と自立を重視する女子校に進学した。中高6年間、日本中のどこよりも、誰よりも、女性の社会進出と地位向上を議論する時間を与えられた学校であった。男性社会で生きて行くことに何の恐れも抱かない女の子達の一人になった。そして昨今、女性よりも「女性らしい」生物学上の男性は星の数ほど存在する。お菓子作りの得意なスウェーデン男子は、あるいはその先駆けかもしれない。日本においても、草食男子や育メンという言葉が広く認知され、同性愛や性同一性障害を告白する人々が受け入れられ始めた時代である。豊かな暮らしが当たり前となった現代では、性における本能的、生物学的役割は失われつつあるのかもしれない。



男女平等の議論に関し、欧州、その中でもスウェーデンは、間違いなく世界的先進国と言えるだろう。女性の社会進出と地位向上に時代を先駆けて着手し、目覚しいスピードで発展を遂げてきた。国際人である在留邦人の中には、そもそもこの自由で新しい風潮を求めて遠く日本を離れた方も少なくないはずだ。そんなスウェーデンで、今なお毎日のように男女平等の議論が繰り返されていることは、暮らしてみてはじめて分かった驚きの一つだ。平均給与、管理職に昇進する割合、国会議員の数、社会におけるあらゆる男女比と女性の劣勢が日々取り上げられている。その関心のあり方は、先進国の中でも明らかに遅れを取っている平等化途上の日本に比べ、はるかに情熱的で熱心である。

しかし、いつまでたっても平等は実現しない。女性の多くが未だ不満を抱え、誰もが完全平等が成し遂げられたとは思っていない。議論の日常的な再燃がそれを如実に物語っている。70年代に始まった熱心な取り組みが、21世紀をとっくに迎えた今般、世界をリードするスウェーデンですら未だ実現したとは言えないのだ。なぜだろう。そうする必要がないからではないのか。

妊娠・出産をする生物学的役割、男性を労わる事のできる本能的な女性らしさの役割を考えずにはいられない。子供を産める体を持っていること、子どもを産むということ、それは計り知れない喜びだとあらゆる母親が語る。また、家の外で肩肘張ってがんばるお父さんのプライドを、はいはいと言っていとも簡単に満たしてしまう世のお母さん達のなんと素敵なことか。女性の自由と自立は、それら本来の女性の特性を棄てることではないはずだ。

本能と人類の歴史に裏付けられた女性の特性と、女性の社会的地位向上を目指す新しい時代の狭間で、私は混乱を隠せない。母は言う。生活のために仕事せざるを得ないような苦労はしなくていいのよ。同僚は言う。女性の平均月給が男性より9000クローナも低いなんて信じられない。両極端の思考にさらされて、バランスが取れない。誰よりも自立心があると自負し、社会で男性と対等に生きる力や権利を与えられたのに、持って生まれた大切な日本らしさや女性らしさを知らず知らず棄ててしまっているのではないかと怖くなる。私は我利我利亡者だ。どちらも失いたくない。しかしバランスが取れない。恐れをなした私は、この相反する二思想にがんじがらめに縛られ、結局何の身動きもできなくなってしまった。

 公開死

久しぶりに色の付いたリアルな夢を見た。私はとあるイベントに出演が決まっていた。市民会館のようなホールで開催され、地域の住民が日曜日に集って参加するような、和気藹々としたローカルな催しだった。ちょっとした講演を依頼されたような雰囲気だった。

だが私の演目は、殺されることだった。ステージの上で死ぬことだった。どうしてそうなったのか、なぜそれをしなければいけないのか、経緯はさっぱりわからなかった。既に全てが決まっていた。
言及しなければならないのは、それがありふれた市民の催しのイベントの一つにすぎなかったということ。夢の世界では、死ぬことが講演をするのと同等の価値であったということ。すなわち、異常で反社会的な地下世界で行われるサイコでも、何か大きな過ちを犯したゆえの処刑でも、どうにも抗うことのできない時代や歴史のなせる運命でも、なんでもなかった。ネガティブな要素は何もなかった。夢の中では、日曜の午後の平和な催しの一つとして、私の死が取り上げられていた。

出演を承諾した私自身に何の迷いもなかった。ただどうやって殺されるのかを聞かされていなかった。私は終始その方法を考えていた。銃殺か、毒殺か、ギロチンのような装置を使うのか。主催者側はスナイパーを雇ったのか、2階席の暗闇から撃ってくるのか、そんなことだけのんびり考えをめぐらしていた。出演前にアンケートのようなものを書かされた。それは履歴書だった。今日までの人生で何をやったのかを記す履歴書だった。何を書いたかは覚えていない。ただ初めに学歴の欄があった。日本人のスタッフも数名来ていた。その一人の日本人女性は、私の記入した母校を褒め、一緒に来ていた子供である小学生ぐらいの兄弟を指差しながら、うちの子たちもそのくらいの大学に進学してくれればねぇ、とつぶやいた。

演目には、もう一人、スウェーデン人のおじさんの参加も決まっていた。40代後半ほどの小柄な男性で、なで肩の少し寂しげなどこにでもいるおじさんだった。出番までの待ち時間中、二人で楽屋にいた際に奥さんの話をしていた。これから死ぬ人の一種の覚悟のような諦めや、困ったような微笑はおじさんの表情にうっすら表れていた。だから私は夢の中で、ごく僅かだがこれから訪れる自分の死への疑問を抱くことができていた。恐らくおじさんだけが、夢の中と現実とを繋ぐ唯一の橋だった。

いよいよ出番が訪れた。2~300人ほどで埋まった会場には、子連れの家族も大変多かった。ホール後方のドアから入場し、客席の合間を歩いて壇上へ上るという粋な演出だった。和やかなムードの中、司会の紹介を受けながらおじさんと一緒にステージへ向かう。登壇する。二階席の暗がりにスナイパーを探してみる。何も見えない。聡明な女性司会者が、楽しげにそして淡々とこの演目の内容を説明する。これから私とおじさんは殺される。大勢を前にしたちょっとした緊張と、ステージに立っているという興奮はあったが、死ぬ死ぬ死ぬ、殺される、といった感じるはずの恐怖や強迫観念は一切なかった。目が覚めた。

この状況を表す語彙が存在しないことに気がついた。自殺でも殺人でもなく、殺し殺されることに間違いはないのだが、殺という言葉を含むとどうしてもネガティブな印象を与えてしまう。それは演目の一つにすぎなかった。大衆に公開され楽しんでもらうエンターテインメントだった。興行だった。公開死とでも名づけるべきか。それはただのイベントにすぎなかった。

情報の氾濫が辿り着く先?
最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。