スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

べろの脅威

舌って
こんなにすごい動きをするのね?!
昨日正しい『え』=『E』の発音を学んだのだが、
口の形はできるとして
舌の形は皆知ってる?
『え』の時の正しい舌は
舌先を横に引っ張って舌全体を厚くした状態なのだそう。
限りなく牛タンです。
初め は?
と思っても、手鏡見ながら色々舌動かしてみるときっとできます。
舌って、尖らせて長くすることも
横に広げて分厚くすることも
変幻自在。
本当に。
この筋肉はすごいよ。
こいつを扱えるかどうかで
確かにkissの巧い下手は差が出るね!間違いなく!
スポンサーサイト

blood donation

最近もんもんしている

これではいかん!

と奮い立ち、

社会に何か還元して!
悪い運を取り払おう!

てことで、生まれて初めて献血してみました。
なにやら血管が細いとのことで、
勧められた成分献血はできなかったのですが、
噂の通りアイスお菓子ジュース無料、Tシャツまで頂きました。
血は高く売れるんだろうな。
いかん、いかん、
社会にお返ししたんです。
一曲書けそうだな。

えーーーー

えーーーーーーー
じゃなくて
e-------------
e-tax、やりました。
暗証番号が5種類くらい登場し、
25歳のワタクシでも
全くの個人での試みは難関でした、、、
何とか出来てよかった。
国税庁の方、
もうチョッとわかりやすい説明と案内を、
これからもお願いします。
ていうか常々疑問に思っておりますが、

学校で教えてくれればよいことだと思います。

your country!

アメリカからやって来て、日本でhip hop DJをしているというアメリカ人の男の子と、
今夜はなぜか日本のhip hop事情について熱く論戦してしまった。
彼は6年前にも日本に滞在したことがあるらしいのだが、
当時の日本人のhip hopに対する感覚と、今のそれとが全く違っていることに彼は驚愕していた。
そもそも6年前の日本ではhip hopはごくわずかの人にしか認知されておらず、
故に精鋭達によるホンモノの音だけが細々と存在してしていた。
しかし彼曰く、今日の日本に蔓延するhip hopはすなわち“stereo type”。
どこのクラブも同じ曲をまわし、
アイドル的な派手な楽曲ばかり好まれ、
pvなどで氾濫するファッションを模倣した若者で溢れ、
DJはただ音楽を流すだけ、誰も音楽を感じていない。
こんなにhip hopが街に流れているのに、その真意を理解している人が全くいない。
どうしてだろう??
アメリカでも、真のhip hopとは呼ばれない一過性の流行に乗ったアイドル的音楽が沢山生産され、購入されている。
ただアメリカ人は、それが真のhip hopでは無いことを理解しているらしい。
売れる売れないは別として、
その音が良いか悪いか、ホンモノかニセモノか、その区別は誰もがついているという。
何故日本人はそれがわからないのか。
なぜ良い音を評価せず、悪い音に世辞を言うのか。
なぜ本音を表さず、建前ばかりで生きているのか。
its your country!
でも、私だってずっと疑問を抱いてきた。同じように理不尽を感じてた。
jazzだってpopsだって、日本の音楽業界は曇った耳しか持っていない。
いつしか誰もが、真実を見極められなくなってしまった。
もしこれが私達の文化なら、ここで生まれ育ったはずの私だけどうして逸脱してしまったのか。
皆はどう思ってる?
建前がなければ生きていけない日本の社会はおかしいと思ってる?

神様のボート

色々な境界線があるけど
思考と真実の境目が霞んでいる
頭の中で起こることと外で起こることの間が
じわじわ溶け始めた
そして私は神様のボートに乗ってしまった
特権を得た代わりに絶対に行かれない場所があることを悟った
神様のボートに乗ってしまった
憧れの狂気の世界へ漕ぎだしてしまった

Meditation

あり得ないと思っていたことが次々起こる。
机上の空論でしかないと、
歌や小説や映画の中の出来事だと信じていたことが、
次々起こる。
温室の中に閉じこもっていたくなかった。
全部目で見て嗅いで聞いて触ってから語りたかった。
今はっきり感じる。私は全力で生きてる。
自分が望んだとおりの人生が、こんなにも広がってる。
この社会の真実は全て人間が考え出したことだ。
フィクションはない、全て誰かのノンフィクションだ。
妄想はない、あるのは瞑想だけだ。

宇宙の全ては思考の産物だ。

天国の国境

TVで観ました。
私はあのVは真実だと思う。
世界には、国家権力に縛られて身動きできない人たちがたくさん生きている。
市民を守るべき法に命を奪われる人がたくさんいる。
法治国家に生まれて安全な暮らしをしてきたけれど、
私は法が全てだとは思わない。"犯罪"を犯す人は悪い人だとずっと信じてきたけど、
誰がそれを犯罪だと決められるのか?
捕まった人が悪いときも、捕まえた人が悪いときもある。
私に出来ることは、自分で判断できるようになること。
法が悪だと裁いても、世界中がそれは悪だと裁いても、
人の言うことを気にするなんて下らない。
自分で自分を裁けるようになりたい。
自分の誠意と気品だけが自分を裁ける。
例えこの社会での人生を投げうってしまったとしても。

それでもボクはやっていない

TVで観ました。
良い映画だったと思う。
普段の生活をしていて、自分が法律に触れる機会は若い時分はとりわけ少なかったけど、
成人した今、いつ一時軽薄なミスが犯罪となり得るかわからない。
巻き込まれてもおかしくない。
法律がもっと身近にあるような意識を持てるようになりたい。
最新記事
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。