スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニョッキ!

今日はなんとニョッキを手作りしちゃいました!!
今ちぇりおではやりのニョッキ、、、
視覚的アプローチを試みるとこのようになるんですね。
料理は世の中で一番創造性の高い作業だと思います。
何が出来ても、コンテンポラリー、
おいしい今日のごはんは
ニョッキかぼちゃのクリームソース。
スポンサーサイト

BLOCK PARTY

BLOCK PARTY観てきました。
おもしろかった。
純粋に、愛に溢れた良い映画でした。

この映画には私の大好きなアーティストばかり登場してきて興奮した!
彼らは、GANGSTA RAPとはやっぱり違う、
身のある音楽をやってる人たちだと思う。
同じ強くて汚いストリートの言葉を使っていても、訴えるメッセージは全然違う。
私はやっぱりHIP HOP好きだなぁと思う。
HIP HOP良いなぁと思う。

粗野で乱暴な言葉達は、そう言ってしまえばそれまでだけど、
時に崇高な文学よりもずっと、人の心を突き、動かすことが出来る。
黒人音楽は、決して飾らないありのままの音楽だと思う。
だから私の胸を打つ。
JILL SCOTTが言ってたけれど、
彼らのようにそれぞれがそれぞれの個性を持って、
異なる視点と主張を従えてメッセージを発している人たちはすごいと思う。
心から、互いにRESPECTしてBIG UP!って言い合えているんだなと思う。
でもだからこそ、受け手であるリスナーは、
彼らが言わんとしている事に注意深く耳を傾けなくちゃいけない。
"かっこいい"だけじゃなくて、"かっこいい"根拠がわかってなくちゃいけない。
"かっこいい"根拠のある音が作れたらいいなぁ。

Will He Take The Pain Away?

im weakened
what is religion?

today i saw many persons' inside of their own hearts,who believe in some religion.
i was forced to think too much,
everyone's insistence made me get tired.
it was very difficult for me to understand their minds cuz i dont believe any religion
however i believed before that religion can help people
i thought that just i dont know how, but some religion can make people happy
now i dont think so
everyone who believes in god is hurting
and they all hurt me, make my mind changed and confused

im sorry i dont know well anyone u guys,
but thanks to it i could listen to your each voice of heart objectively
each of you said to me,"i did right thing, i was hurt and i knew the truth."
but no one told me he/she also could do wrong
someone said everyone has a good aspect and a bad one
yea i think so too
everyone is good person who can have evil sometimes
but no one talked me her/his bad aspect today
just blamin someone

doesnt any religion exist only to make people aware of their bad aspect?
doesnt any religion exist only to make people forgive others?
doesnt any religion exist only to love each other?
im confusin
and i think
there is god in each one's heart (even if i dont call it god)
no one can mention other's god
no need to share one god cause everyone has own god
pray alone to your own god
pray and thank quiet
no need to gather to pray
why are there many religions all over the world which make groups?
i cant understand
im confusing

今年の、、、

ボジョレー達でございます。
っていうかボジョレー白って…

maybeの呪縛

here's that rainy dayという曲を、もうかれこれ3ヶ月近く練習してるんだけど、、、
maybeの呪縛から抜け出せない、、、
スタンダードは奥が深いなぁ。
乗り越えるまでにあと何年もかかるかもしれない。

落ち込むか。
私だってこんなのん気だけど落ち込みます。
でもな。基本的には何だってできると思ってるし、なるようになると思ってる。
厳密に言えば、何だってできるようになると思ってる。
できないことにぶち当たったとき、
私は気づいてよかったと思う。
そのまま気づかないで一生行ってしまったらと思うと恐ろしい。
どんな些細なことでもそう思う。
何で出来ないのか。
悔しく思うことも大いにある。
同時にいつかできるようになってやろうと心に決める。

振り幅は小さい方だと思う。
でもどの振り子を選ぶかには慎重になる。
その選択こそがその人の本質を形成していると思うから。
願わくは私の選ぶ振り子全部が時を刻める様になって欲しい。
そして、私の時を刻むべき時計を躊躇せず選択できるように。
どんな時計が良いか他人に選んでもらうようなことの無いように。要らない時計を捨てる勇気を持つこと。
世界にはいろんな時計があって、大きかったり小さかったり、
豪華だったり質素だったり、
でも私は私の好きな時計を集めて、ひとつずつ丁寧に振り子を揺らし、ねじを巻いていくんだ。

業界を駆け抜ける

今夜は業界を駆け抜けるトップランナーの話が聞けた夜でした。
私みたいな若い子が、その世界で今一番名を馳せているような人と話せることを、
とても光栄に、ラッキーに思う。
若いからと言って相手にしないどころか、
対等に率直に意見をぶつけてくれたことを本当に感謝してます。
第一線を走りぬける人たちは、
皆はっきりしたビジョンを持ち、
白黒きっぱり分かれていて、
そして周りがどう言おうと揺るがない自信に溢れている。
それはある点から見れば、視野が狭いようにも傲慢なようにも感じられる。
でもそうじゃないんだ。
きっと彼らはそう思われるリスクなど最初から判っていて、
それでも止められない自分の野心に素直に従っているだけ。
自分が何を望んでいるか、誰よりも鮮明に理解しているだけ。
自分に素直なだけなんだ。
私もそうありたいと思う。

『告発の行方』

今日の議題;レイプ

好きな女優の一人にジョディフォスターがいるんだけど、
今日は彼女の代表作『告発の行方』をみました。
裁判モノの映画はそんなに嫌いじゃなくて、大抵うまい具合にハッピーエンドになるのがちょっと癪だけど、
でもケビンベーコンの『告発』とか『評決の時』とかもよく観たなぁ。
その中でもジョディのこの映画を初めて観た時の衝撃は忘れられないなぁ。

最近なぜか「レイプ」の話題をよく耳にする。なんでだろう。
私は幸いに、近しい人で被害にあった知人はいないから実感がわかないのだけれども、
でもこの映画を観るとレイプがどういう犯罪であるかがよくわかる。
人によってはこの映画の表現は行き過ぎたものであり、
娯楽としての映画の愉しさを完全に脱していると言うし、
そういう見方をすれば、一人の女としてもう二度と観たくないような描写が含まれてる。
でも逆に言えば、限りなくリアルな表現を許されているものこそが唯一映画であり、
リアルな描写は事実を知る上では時に有効に働くと思う。
私は多くの人にこの映画を観て欲しいと思う。
レイプってどういうものなのか、この映画を観れば一目瞭然だから。

自分は女だから、この映画を見てちょっと想像力を働かせれば、
主役のサラがどんな気持ちでレイプされたのか、
少なからず理解することが出来る。
しかし彼女のように孤高でタフな行動が出来るかはわからない。
高校のとき勉強した限りでは、日本でレイプにあった女性の大半は、
名前を出すことを嫌がって被害を公に叫ばないという。
狸寝入りしたくなる気持ちもわかるけど、サラの様に強く自分の尊厳のために戦える人間になりたいと思う。
反対に男の子達は、この映画を観て少しでもレイプされる女の子の気持ちがわかるだろうか。
よく思うけど、人間は時に殺気立って、常軌を逸して、我を忘れて行動することがある。
とりわけ集団でいるとき、そして男が多い気がする。
普段は善良な人で、あるいは友人で、それなのに何かのきっかけで自分を止められなくなっている人を何度か見てきた。
人間誰だってそういう時はあるよ、みんなそう言うけれど、
そういう時に犯罪は起こる。
私はそれが怖くてしょうがない。
男の子がそうなったらどうしていいか判らないし、止められないし、
そういう状況で冷静に周囲を見つめられる人間が世の中になんて少ないんだろうと思う。
これは人間の性?

世界中には、レイプされた人も、天災の被害にあった人も、戦争に巻き込まれた人も、自分の家族や国がない人も、
いろんな人がいて、
それでも生きてる人がいる。
私はどれだけ幸せ者だろうと思うし、同時にそういう悲劇を乗り越えてきた人は驚くほどたくさん身近にいるものだ。

赤い靴

赤い靴ー履ーいてたー女の子ー
異人さんに連れられてー行っちゃったー

浜の淑子、地でいってないか?

妄想の効用

今日の議題;妄想の効用

妄想は好きですか?
淑子は大好きです!
妄想族なるものに所属していたし(たぶん書記)、
風俗に行くくらいなら妄想で充分!って言っているおじさんなんかを好ましく思うのです。

妄想って、恋愛についてすると際限なく膨らんで本当に頭の中大スペクタクルロマンが繰り広げられるけど、
けど別に恋愛以外のことも淑子は妄想します。
今日、高校生の時とかはしょっちゅう妄想してたけど、
近頃全然しないなー現実的だなーって言ってる人がいました。
年齢に関係なくよしこは皆大いに妄想するべきだと思う。
だって、妄想は防災訓練と同じ。
有り得ない状況、有り得ない展開、有り得ない結末、
そういう夢物語を想像するのが妄想でしょ。
でも人生、有り得ないことなんてないんだから。
例えば今世界が滅亡して、地球上にあの子と二人っきりだけ残って、
二人で生きてかなきゃならなかったらどうしよう、、、もんもん、、、
って妄想したとする。
一見それはただの妄想であり、有り得ないけど、でも地球が滅亡しそうになるなんて充分有り得ることでしょ。
いざ地球が滅亡しそうになったとき、生き残るサバイバーは予行演習してあった妄想好きの人々だけだと思う!

人生で何かしらハプニングが起きるとき、
とりわけそれが自分ではなく他者、外部からの力が原因であるとき、
誰もがパニックに陥ると思う。
でもよしこは、割といつだって冷静に、動じず対処できる方だと思う。
その理由は妄想してるから!
いろんな有り得ないシチュエーションを体験済みですから、
何が来たってあの時と同じと思える余裕が出来るのよ。
だから皆妄想しよう!

IRON GRILL

今夜はホテルニューオータニにある『石心亭』にて鉄板焼きを堪能してきました!
TEPPAN-YAKI!!
世界に通用するというこの鉄板焼き、
しかし日本人の淑子、ちゃんと食べたのは生まれて初めての経験、、、
うまかった、、、、
今夜はコースで前菜、海の幸、お肉、お野菜、ごはん、デザートというような流れだったんだけど、
何しろ目の前で焼いてくれるシェフの方が手際もよくおしゃべりも楽しい方で、
本当に楽しかった。
ああいう作り手の方と直接お話しながら食べる食事は何ておいしんだろ。
色々食材の質問したり、
お家ならどういう風に料理したら近づけるか聞いたり、
お客さんのおもしろい話とか、
ああいう接客が出来たら本当に通いたくなる。
寡黙なシェフもいいけど、
私は接客がじょうずなおしゃべりの方も好きだな。
一流と呼ばれる人たちはそのバランスをよく心得ていて、
そして誰も共通するのが”あったかい”ってこと。
勉強になった!
けど、お肉はよしこフィレが好き、、、

ニューオータニは色々お店があったり、
お庭が綺麗だったり、
よしこの好きなホテルの一つ。
またいきたいな。
最新記事
カレンダー
10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。