スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

@クーカラ♪♪

クーカラ、ラストLIVE、、、、
今夜はなんだか切ない気持ちでいっぱいでした。
はじめて定期的にLIVEをさせてくれたのが、ここ、クーカラでした。
半年ちかく月一回の演奏を続けたことで、
私たちバンドのスキルは確実に上がったし、お客さんとのコミュニケーションのとり方もすごい勉強になった。
まだまだまだまだ半人前以下ってかんじですが、
お客さんとそして何よりクーカラスタッフの皆さんの暖かいまなざしに見守られたうちら、、、
まじ感謝感激です。
紹介してくださった原っち、、まじグラッツェミッレ!!!
はやくパワーUPしたリニューアルクーカラに行ってみたいです★
というわけでケーキNo.5
スポンサーサイト

@rizzo♪♪

ありがとうございますーーーーーー!!!!
よしこ&ともみさん本日お誕生日を迎えました★★
今日リゾで久しぶりのウルティーモライブ!!!!
今回はピアノに豊君をフィーチャーし、お客さんも満席満員御礼で、
お友達も駆けつけてくれて、
本当に本当に楽しい夜をすごせました!!
あー楽しかった。
点火のことばで皆が花火つけてくれたときはまじ感動しました。
煙くて若干びびったものの。
セン南万歳!!
今夜のライブで思ったことは、オリジナルすげーなってこと。
やっぱり日本人の淑子には日本語が一番しっくりくるー
これからも、継続的に曲を作って行きたいと思います。
皆さん本当にありがとうございました!! というわけでケーキNo.3、 さらに実はおうちに帰ってからもう一個待っていたよケーキNo.4

@ちぇりお

お誕生日プレゼントいっぱいもらいました~
今夜、ママがover the rainbowを、
そして静香さんがwill u love me tomorrow?を
歌って下さったことを、淑子は一生わすれません。
ありがとうございました。
お客さんも沢山駆けつけてくれて本当に嬉しかったよ!
ケーキNo.2

@関内

一週間ぶりにちぇりお出勤。
あーー日本の空は曇っている、、、、
道は狭くて混んでいる、、、、
と、いつになくよしこ抜け殻状態。アメリカが恋しいです。
しかし!
今夜はなんとまだ2日前だというのに、沢山の方がお誕生日を祝いに来てくださいました!
まじ感激!
嬉しかったです。
はやくもケーキNo.1

STAY SWEET

別れの時は唐突にやってきた。
ブランも帰んなくちゃいけないし、つかうちらもう所持金底ついてるし、
結局彼はLAXまでうちらを送ってくれたわけだけど、
なんかあまりサヨナラを理解できず何も言えなかった。
また会えるって信じてるからだろうか?
私は仲良しの友達にこそ、時たまこういう心理状態が襲ってくる。
気恥ずかしいって言うか、親兄弟にわざわざありがとうを言う感覚?
当然のように振舞っているが、実はものすんごいお世話になったという、、、良くないなぁ。
あんだけ朝も昼も一緒にいたのに、あっさりまたね、ってなってしまいました。
ブラン、伝わってるか心配だけどさ、本当にありがとう。
あなたがいなかったらこの旅はなし得なかった。当たり前だけど。
うちら完全路頭迷子でした。
その後飛行機の中で、はるかと二人ほんと4,5時間ノンストップで反省会★
いやー久々に壮絶な旅だったよ。
まさかこんな濃い友ができるとは。

ブランがいてくれたから、って思ったこと。
最初は、彼が礼儀の正しい綺麗な身なりをした黒人だからではないか?と思っていたこと。
例えば街中で、ホームレスのブラックのおじさんに物乞いされたとする。
私は一観光客として、完全スルーでシカト作戦。
もちろん彼らも、私が観光客だとわかって声をかけてくる。
でも一緒にブランがいる。すると彼らは気づいたら"yo,man!調子はどうだい"って話を始めちゃうんだ。
皆名刺とかよくわかんないCDを渡してきたり、ブランと仲良くなろうとしてるみたい。
もちろん、若い東洋人の女の子二人を連れたブランは相当目立ってたし、
みんな「彼女達をどこで見つけたの?」って話しかけてくる。
ブランは「二人のおかげで人気者さ」って言ってたけど、でも今は彼の人柄がそうさせるんじゃないかって思えてしょうがない。
なんていうか、まず、初日に思った外国人の屈託なさからか、見ず知らずの人にも何の疑いもなくすごく親しげに振舞う。
ブランが仲良く話してるから友達だと思ってたら、実は全然知らない人だった、なんてことが何回かあった。
それだけじゃなくて、誘いの断り方がほんとに上手い。嫌味なく柔らかく対処していたように思う。
私だったら強い態度でただNO!って言うしかない時も、正直に「いや~今それはできないんだ~」みたいな感じで丸く収めちゃうんだよ。
そういう人との関わり方がすごくかっこよかったし、慣れていたし、
外国人が皆そうできるのかはよく分からなかったけど、でも少なくとも今、
よしこはブランドンの性格や人柄がうちらの旅を少なからず安全で楽しいものにしてくれたんだ、って理解してる。
ほんとにnice guy!
なんか日本人っぽいんだよね!
そういうことのできる男の子は、本当に格好いいと思う。
そういう風に人にやさしくできる人は、本当に格好いいと思う。

悠がいてくれたから、って思ったこと。
そもそもブランを紹介してくれたのが彼女だったわけだが、
私からしてみたらその英語力でなぜ?!と思えるくらい良い人に出会う確率が奇跡的に高い。
彼女のチャームポイントはなんと言ってもあの笑顔だと思うけど、
なんだか必要ない人にまで振りまいてるみたいでお姉さんはたびたび不安でした。
しかし、彼女が連れてくる人はこちらの心配をよそに、
本当に100%素晴らしい人間ばかり。
うちらは途中から心配するのを辞めました。無駄であることに気づいた。
その鋭い勘と、良い人ばかり引き寄せてしまう謎のパワーがあるから、彼女に語学力は多分要らない。
どうしてだかわからない。
でも彼女は危険な人を本能的に避ける術を持っている。
ただただamazing!
真似したくてもできない。それが彼女の素晴らしさだと思う。

この旅行を終えて思ったこと。世界が少し、近くなった。
世界中に、私は一人ずつ、大切な友達を増やしていきたい。
時間や空間を超えて、いつ行っても来ても迎えてくれるような、お互いの成功を称えあえるような、
そういう友達を作っていきたい。
日本の中では、福岡に転勤になった、とか、実家は実は北海道だ、とか、
周りの友達でそういう境遇にある子は沢山いる。
私は東京生まれ神奈川育ちで、狭いエリアでのみ暮らしてきたけど、
この感覚は海の外に出ても全く同じ。
これから先の人生で、私は世界を舞台に生きていきたい。
それは決して私自身が世界中を飛び回るという意味ではなくて、
臆せずブランや悠みたいに振舞うことで、世界中に大切な友達ができるという意味なんだ。

というわけで、早速帰りに飛行機の中で、隣に座ってた韓国人のおば様と会話。
韓国語&日本語で意思の疎通を試みました。
大丈夫、ここは韓国にお兄ちゃんとお姉ちゃんのいるよしこ。ハングル読めますから。
次は韓国か?!

けど思い起こせばさ、なんでメキシコの人はレゲトンばっか延々かけるわけ?
同じ曲一晩に5回くらい流してたけどそれって反則でしょ。ただいま。

MAYBE WE'RE CRAZY

気がつけば朝。
とにかくアメリカに帰らなくちゃ!
しかし国境はものすごい長蛇の行列。
何でもアメリカの入国ゲートは24時間あいてないみたいで、ちょうど夜遊んでた人々が帰る頃とゲート開始がぶつかってすごい混雑。
ただただ列に並んで待つばかり。
通りすがりのお兄ちゃんとわいわいしながらアメリカ入国。
ここでようやくパスポートの出番。officerに見せて、何も持ち込んでないか答えて、
それで終わり。なんかとっても簡単ね。日本人とか関係ないのね。
さぁ帰ろう~って、酔いも醒めれば修羅場ですよ。
よしこ飲んだくれの分際で説教たれまくり。
ほんっと、英語で喧嘩するのってもどかしくて大変よね!
なんか細かく説明できないって言うかさ、極論のみで勝負してる感があるから相手にも申し訳ないよ。直球でごめんブラン。
喧嘩はその場で終えるか?頭冷やしてから冷静に対峙するか?
よしこは前者支持です。だって冷やしてもその間気まずいだけ&多分どうせまた熱くなるから、、、
ってことで、鬼気迫って皆で仲直りです。
ホテルに帰る頃にはなんとかお互いを理解?できたみたい。
ほんっと、三人の性格がどんなだかよくわかったよ。
頑固大将ブランドンと、レゲエ馬鹿はるかと、泣き虫飲んだくれよしこですよ。
とりあえずうちらぐったり、お風呂に入って一眠り、、、、

気がつけば今日は金曜日。
もうLAに帰らないといけない日。あぁ。あっという間にサンディエゴにお別れ。
でもまだこの頃は、帰るんだって実感全くなかったな。
とりあえずうちらのレンタちゃんをどうにかすべく、ブランのstepmother邸に車を借りに行く。
ママの帰りをサッカー見ながら待ってたんだけど、
ブランの髪の毛ってすごいのよ!ふあっふあなの!
自由自在に変幻可能、マージで面白かった!とりあえずはるかと七三に固定。
しかし残念ながら、ママの車もエンジンがいかれてた!
ナイスな車、more than betterだったというのに!
まじで車運の悪いうちら、、、しょうがないのでレンタカー屋さんに行っておんなじ車種だけど新しいのに換えてもらいました。
いやー久方ぶりの正常な車、もうhand signalださなくてよいのね(笑)
ウインカーってないと結構困るよね、、、

さよならサンディエゴってことで、最後にカリフォルニアの海を眺めに行く。
ブランが昔住んでたって地域は、週末だからってのもあり皆各々ビーチに楽しみにきてる。
おうちも全部海を臨んでるし、どの部屋にもベランダには椅子やソファがある。
カリフォルニアガールのかわいいこと!
まじキャメロン祭り!すごいねー
トムクルーズがあのデビュー作の映画なんだっけ?で撮影した家がまだ残ってたり、
バザーみたいの開いてたり、
カリフォルニアの人々はなんだかとっても楽しそう。

渋滞をぬけて結構長丁場だったな、やっとLAに帰ってきたー。もう夜ですけど。
LAはなんだか天気が悪くて曇ってる。
なんか食べようって、気が付いたら今日まだ何にも食べない!
再びLAの町へ繰り出す。
なんか暖かいものが食べたいナー
とかいいながら、気が付いたら夜のLAドライビング。うちら完全夜行性じゃない?
Beverly Hills,Rodeo Drive,UCLA,Westwoodのあたりで高級住宅に羨望のまなざしを投げつつ夜遊びに楽しむ人々とリムジンを横目に、
なんだか霧が出てきたけど、Santa Monika,Venice,Malibuと海沿いを抜けて、
これからの人生どうしてく?なんて話しながら、
アメリカのラジオはチャンネルがいっぱいあるよね。
流れてる曲は同じやつheavy lotationだけど、日本と違ってトークは無し。ほんとに皆音楽を必要としてるんだろうね。
音楽が好きなんだろうね。

気がつけばここはうちらがつこないだ再会を果たしたダウンタウン。
舞い戻ってきたんだね。
近くにlittle TOKYOがあるからって、そこでようやくご飯をたべることに。
ほんと、はるか完全絶食だったね!だいじょうぶか!
リトルトーキョー、なんだか寂れた通りだったよ。
日本人町は世界中必要ないね。町を作ったところで活気がないもん。それぞれ適応したほうが絶対いいって。
そしてうちらは最後の晩餐。
楽しかったけど、ようやくなんかもうお別れなんだって思えて寂しくなっちゃった。
こんな組み合わせで旅してる人、他にいないよ?でしょ、man?

TJ-WE MADE IT

この旅行に出る時、そういえばママが一言だけ言ってました。
「ケンカしないでね」
決して気をつけてねとか、心配するようなセリフではなかった。ただこの一言だけ。
旅にケンカは付き物だけど、よしこは3人旅にそれはあり得ない、って説の持ち主だった。
だって必ず誰か一人が仲介に入れるから。
しかし今日、この説はことごとく覆されるのです、、、

うちらのかわいいレンターカーちゃんの調子が悪い。
なんだか馬力激減?すんごい遅いの。まぁしょうがないかって言ってた。
ブランは実は学生で、うちらと遊びほうけるあまり一つ宿題を忘れていたらしい。
今朝はブランが宿題するのを待っている間、再びはるかと二人でdown townを散策してみることに。
ほんとはシーワールドとか行きたかったんだけど、高い高い!
そんなに長時間待つわけでもないしね。

ダウンタウンを実際歩いてみて思ったこと。
サンディエゴは白人が多い。
次にメキシカンかな?ラテンの人々。
黒人や東洋人はとても少ない。
そして年配の方が多い。
サンディエゴにもghettoと呼ばれる地区や、ゲイタウンがあったけど、それらは見た感じ他とあんまり変わらない。
街中にJAZZの箱を探したけど、一つしか見つけられなかった。
他にブルースの店もあったが一番多いのはロック。
やはり白人が多いからだろうか。
JAZZの香りが全くしないのはちょっと残念。
巨大なスーパーに入ってみた。
アメリカのスーパーはでっかいね!
食材だけは日本の比にならない位豊富だよ。
けどスーパーにもランクがあって、今日入ったとこは今までで一番リッチな感じがした。
焼きたてのパンとか売ってる時点で。
ランチにサンドイッチを食べることにした。
店員の女の子は、英語がままならない。多分メキシカンなんだろう。
でも紙とペンを使って丁寧に接客してくれる。
しまいには飲み物を試飲させてくれたり、別に頼んだわけじゃないのに皆親切だな。

午後、ブランと合流していざメキシコへ!
はるかが腹痛に見舞われてちょっと心配。なんでも昨日のクラブでハッスルしてカクテルの氷を食べたからだとか。
ブランと二人でないない、と否定。あたしも氷たぶん食べたぞ。でもとにかくちょっと心配。
ブランがどうしても連れて行きたがってたドーナツ屋さんに行く。
ブランいわく、世界で一番おいしいドーナツだって!ミスドがなんだ、だって!
けどよしこ、店に入った瞬間充満するドーナツの匂いにもう一撃ノックダウン、、、
ドーナツて好き?
よしこ一口でお腹いっぱい、もういいやって感じ、、、
しかもあいつ一人12個頼もうとしたからね!DOZEN!単位間違えてませんか!
ほんと、ドーナツ屋で働く人たちをよしこは無条件に尊敬するよ。
ああ一日中あの匂いの中にいるなんて、、、地獄、、、

かわいいレンタちゃんが限界を迎える。
なんと!ウインカーが全く作動しなくなってしまったのです。
where is our winker?
いったんホテルに戻って、ブラン果敢に故障箇所を調査。
ライト自体に問題はなくて、多分ケーブルとか接続が悪くて点かないんだろうって結論に。
オートバックスみたいなとこに行って部品を買って交換してみました。
点きません。
ブランドン開き直りました。
「カリフォルニアの人は、皆ウィンカー使わないから大丈夫。」
というわけで、ウィンカー無しで一路メキシコを目指す!すでに日没!

ティファナ(通称TJ)は、スリリングな町でした。
ぎりぎりアメリカのとこに車を置いて、徒歩でメキシコ入国。
入国っつっても、がらがらドアまわしてゲート通るだけでなんのチェックもないの。簡単!
しかしそこは最早メキシコ。英語もドルも通用するけど、夜だというのに紙コップ持った子供達はたかってくるし、道路では普通に喧嘩沙汰が繰り広げられてるし、いかにも危険な空気でいっぱい。
なぜうちら敢えて夜訪れてるのかね(笑)
ブランが、初めて「ちゃんと3人そろって行動するように」って忠告しました。
勝手に動いちゃダメだよって。
一番うけたのはおいしいタコス屋さんのトイレ!
トイレに入ろうとしたら他のお客さんに「気をつけて!」って声かけられたの。
入ってみたら、便器は二つ。もちろん壁で仕切られてるんだけど、それぞれのドアが…
縦半分なの。
上だけとか下だけとかじゃなくて、ちゃんと蝶番で止まってる木のドアが、縦半分しかないの。つまり左側全開。
まじ意味わかんないわーいろんな国のトイレ行ったけど、こんな無意味なドアをなぜつけたのか?
ジュークBOXがあってメキシコの音楽が流れてたけど、メキシコの曲ってイントロとかアウトロがすごい短いの!2拍くらい!
唐突に始まり唐突に終わるの。面白いなー
メキシコ謎、、、

しかしよしこ、その頃既にテンション上がりまくり、コロナ2本で昇天してました。
なんか他にもメキシコのビール飲んだけど覚えてないな。
タコス屋さんでのうちら3人はこの旅一番噛み合ってて、ホント楽しかった!
そしてうちらはハイテンションのままメキシコのクラブへ。
よしこ途中から記憶がありません。ごめんなさい。覚えているのは、トイレで号泣してるとこから!
よくわかんないけど切れて一人でハコから飛び出しちゃったり。
ブランもはるかもどこいるのかわかんなくて、ぶすっとしてたり。
そんなよしこを助けてくれたのは、メキシコの皆でした。
まぁうちら明らかに日本人+ブラックで浮いてたからね。目立ってたのは事実だけど。
謎にみな名前を知っていて、"yoshiko!yoshiko!"って声掛けてくる。
一緒に二人を探してくれたり、様子見に行ってくれたり、とにかく心配してくれた。
あの一晩でよしこは今までの人生で一番下卑たSHOWを目撃したり、信頼してた友達に裏切られたと思ったり、同時に友達として友達を救えなかったと自分を責めたり、
本当に一度に沢山の出来事に遭遇した。
でもまぁ酔っ払ってたんで、しょうがないって言うか何の説得力もないって言うか、
ほんと、記憶飛ばしてすみません!
何より助けてくれたメキシコの皆、ほんとにありがとう!
お礼だけはちゃんと言ったのを覚えてるので、まぁ良しとしよう、、、

EGONS…HAHAHA!

NYの人はNew Yorkerじゃん。
パリの人はパリジェンヌじゃん。
じゃあSan Diego人は?
…EGONSだって…うぷぷ!ださっ!
浜っ子の勝ちだね。昨日ハマVS千葉で戦っただけによしこは嬉しいぞ。

朝ブランが迎えに来るまで、ホテルのプールでのんびり。
ほんとに毎日雲が一つもない。
早朝少し曇ってたかなーと思ったけど、いつの間にか雲はどこかに消えてしまっている。
夜は結構冷えるのに、日中はその直射日光でとりわけ午後恐ろしいほどに気温が上がる。
そして湿気がない。
特にカラッとしてるって感じたわけじゃないけど、やっぱり髪の毛がやたらぺたってなったり、違うものです。
これが世界に誇るカリフォルニア、サンディエゴの気候。

今日はDOWN TOWNへGO!
町の中心、HORTON PLAZAでショッピング~
しかし本日ブランの疲労が見るからにピーク、、、
奴は口には出さないが、態度に思いっきり出るタイプ。この頃からブランと自分の性格に共通点を感じ始めたよしこです、、、
mallはもちろんおっきくて、レストランも映画館も充実。
でも洋服なんかは日本と大して違わなかったな。今日本でも安くてかわいい服なんていっぱい海外から入ってきてるからね。むしろ世界中から。
謎だったのがCDショップ。
CDの数は渋谷HMVのほんとに1/10くらい、全然ないの!
特にJAZZ!まったくなし。その代わりDVDやバンドのスコアみたいのが沢山。
びっくりしたのが、日本のアニメがすんごいはいってたってとこ。
どの店にもアニメゾーンみたいなエリアがあって、
日本のキャラクターグッズや、「寿-OTAKU-」って書いたTシャツが売ってた!ウケル!
なんかアメリカのお店ってのは、スペースは広いが品数は大したことないんだよね。
モノの種類も少ないし。
多分皆店頭で見ずに直にネットで買ったりするほうが多いんじゃないかな?
あと必要最低限のもので満足してるって言うかこだわりがないって言うか、生活に必要な商品に付加価値を求めてないんじゃないかな。
この点、日本のお店は文房具とかでもプロフェッショナルな品揃えだと思うよ。

お買い物はほどほどに、一向はBALBOA PARKへ向かいました!
ここがまたすんごいきれいな公園なの。
サンディエゴは昔(18世紀って言ってたかな)スペインというかメキシコ?に統治されてたんだって。
この公園はスペインの様式の家々(CASA)や教会が建つ綺麗な公園。
よしこはスペイン人の庭が大好き。お花はどれも美しい色を活かされて、なんか生気溢れる庭園なんだよね。大きな池の置き方も、建造物を美しく反射させる配置は秀逸。
公園内は美術館や博物館や動物園など、とにかくいろんな施設が目白押し。
その中でうちらはなぜか通りすがりの科学館に寄り道。
…だってよしこ、こういう子供科学館みたいの大好きなんだもん…
ほら、光や音の錯覚のトリックとかさ、自然現象のメカニズムとかさ、そういうのを遊びながら体験できる博物館ってあるじゃん。
二人を巻き込んでごめんね。けど楽しかったしょ?
公園をのんびり散歩して思ったこと。それは、生えてる樹が見たことない木!
ホント、どの植物も今まで見たことないような不思議な木ばっかりなの。
多分名前聞いてもわかんないだろうし、アニメとか漫画でしかみてないようなうそ臭いって言うか不思議な植物ばかり。
ちいちゃい道端のお花もそうだし、立派な大木もそうだし、全部見たことない。違う星に来たみたいだったよ。すごい不思議な気分だった。
そうやって考えるとさ、私たちはアメリカについて学校でも色々勉強してきたし、テレビでも溢れんばかりの情報が流れてるけど、
一番身近というか、当たり前の風景こそ、最も異なるものなんじゃないかって思うよ。
まだまだ世界にはさ、見たことも聞いたこともないような生物がきっと目白押しなんだろう。
ほんと地球ってすごい!

公園の最後に突如「三渓園」なる文字を発見!
突発的に日本のお寺がありましたが、、、why?
よくよく見ると、近くに日本語の歌碑がありました。その名も「美しのサンディエゴ」。
な、なんと!
サンディエゴは、横浜と姉妹都市だったのです、、、、、!!!!
まーじびっくり。でもなんかすごい嬉しかったな。
歌碑をよくよく読んでみると、この歌碑は横浜がサンディエゴに寄贈したもので、
同じように横浜にもサンディエゴから贈られた何かがあるんだって。
…ごめんブラン、なんだか知らない、、、
多分山下公園辺りに記念碑でもあるんだろうけど、、、今度ブランが来日した際にはきっとお連れします。
でもここでよしこはうちらの友情の確固たるモノを意識したわけです、、ふふふ。

夜はドレスアップして街中のクラブへGO!
今夜は木曜日、再びサンディエゴのクラブがHOTな夜らしい、、、
しかしうちらの支度が余りにも遅かったらしく、お目当てのドレスコード有りのおっきなハコに行けなくなりました。よしこ拗ねる。
だってそんな時間無いんならもっと早く教えてくれれば急いで準備したのに!
何も言わないから悠長にしてただけだよ、ぷん!
でもうろうろしてるうちに、はるか狂喜乱舞、レゲエのハコにぶち当たりました。
しかも入るや否やかかっているのはなんと「SUKIYAKI」レゲエバージョン!
皆、ねぇ皆、これ日本の曲なんですけど分かってる?!

RIDE ON DA WAVE

雲が一つもない!
今日は午前中ゆっくりして、午後から皆で海に行くことに。なんせ今朝4時帰宅ですから。
一つ謎なことが、サンディエゴSUSHIレストランだらけ、、、
まじ、SUSHI、SUSHI、SUMOU、SUSHISUSHIって、右も左もすしだらけ。
ブランも日本から帰ってきたらいきなり寿司だらけになってた!ってびっくりしてたけど、町中すしとハンバーガーとメキシカンしかなかったね。
よしこといえば、アメリカ入国した瞬間から口内炎出現。
睡眠不足だと思ってたけど撤回、食事のせいだろうよ、、、
というわけで、今朝はブランにヘルシーなサラダが食べたい!と、sizzlerみたいなサラダBUFFETに連れてってもらいました。
安いしおいしかったよ。つかまじでよくよく考えてシズラーだったのかも?

お昼にブラン宅へ寄って彼の8歳の弟君や、やんちゃな子犬、猫ちゃんへびくんとご対面。
いやーアメリカ人の家ってでっかいね、、、
リビングらしきスペースが3つもあって、従ってでっかいソファーも一家に3セット!
すごいね~よしこはhomestayとか、留学体験をしたことがないので新鮮でした。
ブランの隣のうちの男の子も誘って、皆で海行こうってなったんだけど、、、
その子大負傷!びびったーまじで。
なんかこの日曜にバイクでまじ事故りしたんだって。たしか180キロ出してましたとつぶやいてましたが?
彼は根っからのバイカーらしく、ガレージにはかっこいいバイクや写真やバイクスーツがずらり、、、
そしてひしゃげたバイク君、、、、ああ、しかし明日から普通に仕事らしい、、だいじょうぶなのか?
首も足もギプスだらけ&車椅子の彼と、彼の弟と、発情わんこSHADOWを前に、
よくわかんないけどよしこ慰問生LIVEしてきました。
喜んでくれたみたいで良かった。

3人で海ーーーーー!!!!
とその前に、サンディエゴ日本人スーパーみたいなとこに行ったよ。
あるんだねーそこで普通にアジエンスのシャンプーリンスをGET。
あとお~いお茶。若干高かったのは、生産地がNYだからだろうか?
店内はケミストリーが流れ、みんなひじきとかごぼうとかを買いに来てるの。
結構でかいスーパーだっただけに、日本人て、現地に馴染む力ほんとすごいあるよなーって思った。
だって、中国人みたいにわざわざ集まって町作らなくても、
一つスーパーだけあれば後は各々好きなように散らばって暮らせてるわけじゃん。
逆に言えばサンディエゴみたいな大きい都市で、日本人もいっぱいいるのに、
日本人町はなくてあるのはスーパーくらいいなわけじゃん。
うちらの適応力・順応力、そしてそれらをMIXする力は、他のどの民族にもない能力だと思うよ。

夕方到着したのはなんたらパインビーチ~ごめん名前忘れた。Torrey Pines Beachだったかな?
ここで我らがBRANDON、大ハッスルです。
いたいけなうちら乙女二人を海にぶち込んで、これでもかこれでもかって襲ってくる波と格闘させて、最早それはお仕置きとしか思えない、何もやってないのに、
足が着かない深さまでくると、もう波を乗り越えることもままならず、ひたすら波の下を潜るしかない~ってとにかく必死!
けどよしこもはるかも初BodyBoad体験。すんごいたのしかった!
ボディボ、カリフォルニアの波が手助けしてくれた事は間違いないけど、
にしても本当に楽しかった。思ってたより簡単だったし。はまるね!
サーファーの気持ちが少し分かった!
平日だというのにビーチは楽しむ人がいっぱいで、浜辺の岩場には野生のリスがいて、
海辺の町に住むっていいな…とうらやましく思いました。岩リス探検隊♪

夜は韓国料理を食べて、CORONADOに夜景を見に行った。
ブランが韓国料理好きなのには驚いた。韓国行ったことないくせに。やつは日本にいた頃、銀座でいろんなものを食べたらしい!銀座!
日本人のうちらでさえ銀座なんてめったに行かないじゃん?
でも彼は恐らくよしこなんかより全然銀座に詳しいし、自分のお金でおいしいものいっぱい食べてきて、楽しいこといっぱい経験してるようにみえた。
歳は一個しか違わないのに、なんか時間の使い方が上手いって言うか、
人生の楽しみ方に無駄がないって言うか、すごくうらやましい。
例えばわたしのまわりには、バイトしてお金作ってもそれを使わずにどんどん貯めてがんがん働いてる人や、
結婚したーいとか言いながら、何のプランもなくただただすごしてる日本人が沢山いる。よしこも然り。
けど彼らは違うんだ。もっと短いスパンでこれからの人生の予定を立てている。
もちろん大きな夢のまた夢みたいな願いも持っているけど、それすら叶ってしまうんじゃないかっていうぐらい、一つ一つの希望を実現する力がある。
やりたいことを沢山持っている。
今日は一日通して、ブランとそういう話を英語で沢山できたような気がした。
自分の英語力の自信も持てたし、勉強になったし、何より生き方について考えさせられて面白かった。
コロナドの夜景は本当に綺麗。高層ビルと海辺のコントラストは、日本のお台場を彷彿とさせたけど、サンディエゴが想像以上に大きな都市だってことを改めて実感した。
あの大きくて黄色い月が浮かんだ夜景は、この旅一番の鮮明な画像。
美しい画を私は一生思い出すだろう。

ABSOLUTELY WONDERFUL!

おはようLA!!
さっそく今回の旅の目的である?San Diego在住の友達ブランに再会するべく、
彼の自宅へ電話。
彼の車が3日くらい前に故障したらしく、若干意気消沈していたものの、
レンタを借りてホテルまで迎えに来てくれるとのこと。ブランナイス!!
約束の時間までうちらはぷらぷらLAのDOWN TOWNを徘徊。
色々思ったことがある。
①日本サッカー負けたのね、、、、ずいぶん馬鹿にされたぜ、、、
同じ日に韓国は勝ったみたいで、KOREAN TOWNは朝から大フィーバー&CRAZYだーって皆その話題で持ちきり。
②はっきり言って、うちら多分町で一番細かった!ってくらいみんな太ってたよー
まぁ昼間だから学生に当たる若い子は全然いなかったわけだけど、にしても皆ガタイよすぎ、、ああアメリカ、、でもなんか皆用もないのに楽しそうね。
③外国人はFRIENDLYだって改めて思った。ホテルのボーイさんたちも皆話しかけてくるし、(暇だからだけど)
ロビーで隣に座ってたカナダ人の女の人とは、なぜか謎に国際恋愛&国際結婚の話に花が咲いてしまった。しかも彼女は、淑子の次は反対側の隣にいた黒人女性の恋愛相談に乗っていた。別に名前を知ってるわけでも、すんごいおしゃべり好きなわけでもない、
ただたまたまそのとき隣に座ってたってだけで、案外プライベートなことまで打ち明けてくるその人懐っこさってすごく面白い。
うちら3人は謎にその黒人女性のGOOD LUCKを祈りながらお別れしたんだけど、
すごい楽しい時間だったな。初めて会う人、そして多分もう一生会わない人。でもそこでその時間と空間を共有したこと、話した内容は一生忘れない。
そういう人と人との垣根が、外国人はすごい低い気がする。
皆同じ人間なんだ、HI MY SISTER!って。

大分待ったぜブラン、でも彼は来てくれました。
1年ぶり?あーこんな顔だっけ?うちら3人、六本木で踊った仲間です。
しかしこれから、こんなにうちらがSTICK TOGETHER!するとはこのとき想像もつかなかったわけだけど、、、、

すぐにSAN DIEGOに向けてドライブ開始!
我らがドライバーは疲労していつつも久しぶりの日本語になんだか嬉しそう。
2時間だか3時間だか、結構遠いんだよね。
しかしきちんとうちらうをホテルまで送り届けてくれました。ありがとう!
途中右っ側はずっと海で、ほんとにきれいな景色だった。ROUTE 1って言ってたな。
ちょうど夕日が沈む頃、ラ・ホヤ-La Jolla-ってところでアザラシがいっぱいいるビーチにおりてみた!
本当にきれい!
空の真っ青な青と、木々の黄緑と、浜辺の金色が混じって、本当にきれい。
なんか防波堤みたいなとこにはアザラシがたくさん昼寝?してて、みんなそれを観察してるの。カリフォルニアすごいじゃん、、、

ホテルについて、一息、と思いきや、
早速何とクラブに連行されました!さすが六本木友!SAN DIEGO CLUBBING!
なんかよくわかんないけど、火曜と木曜は学生がわんさか出てくる日らしく、すごい盛り上がるんだって。
その言葉どおり、ブランと友達のベルナルドにつれてかれたハコは若者が溢れんばかり。
日本みたいにクラブクラブしてなくて、なんか普通のでかいレストランみたいなとこなんだけど、フロアごとに音が違って面白い。
きちがいみたいに人が溢れて、barは長蛇の列。
もちろんうちらはHIP HOPとRBのかかるとこにいったんだけど、けどdjは微妙だった、、、突然ロックがかかったりするんだもん!なぞ!

しかしクラブは1時半にどこも閉まってしまうんです、、、朝までとはいかないのね。
そこでうちらはブランの友達3人がSHAREして住んでるお部屋へ。
いつの間にか皆集まってきて、屋上でビール飲みながら皆でおしゃべりしてるの。
GET TOGETHER!!!
すごく楽しかった。サンディエゴいいじゃん。

LET'S GO TO LA HONOLULU!!

この一週間、毎日4時間睡眠で本当に忙しかった、、、
休み中問題が起こらないように。
帰ってきてから滞りなく日常に戻れるように。
何より今日からの旅を満喫するために。
いつもよりみっちり働いて、夜はアメリカの友達と毎晩メールで相談して、
泊まるホテルも一応予約したり、地球の歩き方借り行ったり、
ライブの告知を細かくして、リハをこなして予定も全部立てて、
一週間分まとめて練習して、がんばった。
それだけ私はこの旅に賭けていた。
一年以上ぶりの、私の人生の息抜きである旅行を楽しむために。
この旅に賭けていた。
これが何かの節目に、この一年半の総まとめになるように、
ゴールになるように、
この旅に賭けていたんだよ。

というわけで今日から大好きな旅行!
朝9時に起きて、友達の住所とか飛行機の便名とか、
そういう必要なメモを整理してママに渡して、
いつもどおり30分くらいで荷作りさっくりして、10時過ぎにいざ出発。
今回は友達がいるし、お土産沢山入るように初めてスーツケースがらがらさせて成田に向かったの!
たまぷらで今回の相方はるかと合流。
わくわくしながら成田!ついて友達にお土産買って、ちょっと腹ごしらえしていざチェックイン、、、、、

え?
……AA LA …cancelled…欠航……
うちらの便だけ赤いサイン。欠航だって!
はじめて飛行機トラブルにまきこまれたー
淑子慌てて保険に入る(笑)
旅は必ず初日にハプニングがあるものなのよ。悪いトラブルってやつが。
でもその場合、その後は必ず問題なくいけるからむしろ早々トラブれてラッキー!
よしこはこれからどうなるのか、本当にわくわくしてたよ。
とりあえずアメリカンのデスクに並ぶ。
新米っぽいお兄さんに代替便を探してもらう。
このお兄さんが新米でさーうちら処理してる間に隣の先輩は5組くらいこなしてたからね。遅い遅い。
もう10分かかってたら言ってやろうって意気込みつつ、(悠いわく、相当怖い顔で圧力かけてたらしい)
どんなルートでもいいから早くLA入りしたいと希望。
結局なんと!ハワイ経由で行くことに。

うちらはさんざん成田で待ちぼうけして、
保険が下りることを信じて豪勢にお寿司食べて、
やっとこさノースウェストHONOLULU行きに搭乗。
約7時間後、ハワイにてアメリカ合衆国入国。
予定より早く到着したみたいで、ここで更に4,5時間待たなくては、、、
といっても入国してしまったうちら!ここはすでにUS!!
空港でおじちゃんに教えてもらったとおり、$2で市バスに乗ってワイキキに~

40分くらいバス乗って、気づいたらワイキキを通り越してアラモアナSHOPPING CENTERについてしまった!
でも悠もよしこも来た事あるとこだけに、なんかなつかしー
1時間のんびりアラモアナ公園を散歩して、あーうちらなぜ謎に常夏の島ハワイ?
ハワイを満喫です。

そして時差の関係もありぐったりしたまま、ようやくAAに再搭乗、
全く記憶のないままもう7時間爆睡して遂にLAX到着!
door to doorのバスに乗って現地時間の夜11時、AT LAST,ホテルに着いたのでした、、、
当初の予定から12時間遅れ、、、
LA、、、都会、、、
ブラン、、、電話でない、、、疲れた、、、

CM②

その②
広末が出てるお茶?かなんか飲み物のCMの曲がかわいくて好き。

CM①

最近すきなCM①
氷結果汁のパイナップルのCMで水着の女の子がかわいい、、、

イメージ

一つ思ったんだけどもね、
よしこ曲を作るときには必ず映像のイメージが浮かんでる。
それは一曲でほんとに一枚か二枚の写真みたいなもので、
動いているけどそんな大きなアクションではなくて、
例えば「点火のことば」って曲は、大勢の人が持ってるろうそくに火が点ってる画を、
「あお」って曲は、沖縄の沖に向かっていろんな色に変化してく海の画を、
「足音」って曲は、浜辺を歩いてく二人の残した足跡から草花が育っていく画を、
どうにか音や言葉で表したいと思ってつくったものなの。
その画を伝えようとしてる、
その画から感じるにおいとか雰囲気とか気持ちとかを伝えようとしてる。
その画を決して皆に強要しようとしてるわけじゃないし、
全然違うイメージを持ってもらってももちろんかまわないんだけど、
でもこのやり方は我ながらなかなかイイナ、と思うんだけどどう?
これからも良い画が頭に浮かぶよう、
よしこは素敵な経験を沢山していきたいと思う。
そして画の浮かんでくるような演奏ができるミュージシャンになりたいです。

とはいえ

とはいえ、淑子最近もっぱらパスユーザー。
だって市営地下鉄高いんだもん!!
セン南から鷺沼まで東急のバスで行けば、渋谷まで60円も浮くのよ。
しかも東急のバス200円!210円じゃないんだよ。
バス、素敵、、、
最新記事
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。