スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ妨害

初めて大きなコンサートホールでのイベントに呼ばれました。
主催者の先輩方のライブが何組かあって、
自分のバンドはとりを務めさせてもらうという光栄な仕事でした。
お客さん、老若男女問わずかなりの数入ってました。
ところがどっこいー
とりなのにうちのバンドの立ち位置が謎に2階席のしかも上手。
お客さん見下ろしながら、出番になって歌い始めたらマイクがワイヤレスじゃない。
でかいコンサートホールでだよ?
1階のPAまで、固定されてないシールドがぶらんぶらんなってて、
歌いにくいも何も、きづいたらぶらんぶらん力を受けて隅に追いやられてました。
しかも2曲目やろうとしたら謎にステージの主催者バンドが演奏しだして、
しきってるおじさんが「淑子ちゃんにはこの曲を歌ってもらって終わってもらいましょう」みたいなMCをし始める。
完全にのっとられて、よしこぶちきれる。
マイク通して「どうしてそんなことするんですか。うちのバンドいるのに。しかもまだ1曲しかやってないのに。しかも謎に2階席。」って抗議。
そうして大喧嘩がはじまったわけですよ。
よしこ納得できずに大騒ぎですよ。
唯一救いだったのが、一曲見上げるように聴いてくれたお客さんたちがわりかし淑子の味方をしてくれたこと。
「そうだそうだーもっとやらせろー」的な応援がありました。
皆ありがとう。

って、夢を見ました。


よく(?)バイトやり始めとか、新しい環境に慣れてない頃、
その状況下でてんぱってる夢、うなされる夢を見るんだけど、
(プロント~~~~とかいって)
今日生まれて初めてライブをしくじってうなされる夢を見てしまった。
しかも自分のミスではなく、他人に妨害される夢。
そういう、日常の環境でありながら絶対ありえないシチュエーションの夢って、
何で見るのかね。
スポンサーサイト

VOCALISTの特性

朝すごい嵐だったね!
白銀の世界でしたね!
でも一瞬だったね!

今日はVOCALISTの特性について考えさせられました。
これは常々あるテーマなのだが、
まずフロントだから、他の楽器の方々に失礼をしやすい。
いかんせんスーパーフロント楽器、
どうしても他のミュージシャンに伴奏をお願いしてる形になりやすい。
そうするとわがまま炸裂しやすいんだ。
そして何より楽器とはいえ生身の体。
よしこはだから何?と思っているが、
VOCAL以外の人はみな、「生身なんだから」って思っているようだ。
わかる?
つまり、よしこは、自分は生身の体を使うパートだけど、
でもそれはそこが違うだけで、コンボにおけるフロントパートの一人、
って自覚してるけど、
でもその他の楽器の人たちは、「VOCALは特別」って意識してるように感じる。
私の願望は、「歌だから」っていわれないように、
VOICEという楽器奏者として、扱われたい。
それに加えて!「歌が歌える」「言葉を発せられる」その特徴も利用したい。
おいしいとこどりをしたいんです!

一緒にいると

世の中には
一緒にいるといろんな気持ちを思い起こさせてくれるいろんな人がいて、
特に学校を出で社会に出ると、
初めてのタイプの人もいて、
私は自分を保つために時に相手を選ばなくてはならないかもしれない。
昔高校を途中でやめてアメリカに行った子が言ってたけど、
「皆は温室の中にいるよ」
今、私は温室をようやくでて、新しい世界に漕ぎ出して、
世界の本当のあるべき姿を感じ始められたかもしれない。
世の中には温室だけで育つ優雅で美しい蘭もあるけれど、
わたしはこの人生で、世界を包括的に体験したい。
いろんな人がいるけれど、いろんなひとに出会えたことをありがたく思って、
そして自分を生かしてくれる素敵な友達を大切にしたいです。

一緒にいると、自分もがんばろうって思えてくる人、ただただ楽しくて仕方ない人、すげーって人、知り合えて誇らしい人、やたら和める人、何も考えず自分をさらけ出せる人、優しい気持ちに満たされる人、薄い緊張の膜で律してくれる人、愛しくてしょうがない人。

一緒にいると、どうでもいいやってなる人、萎縮してしまう人、自分らしさが隠れてしまう人、猫を被りたくなる人、暗くてつまんなくなる人、ポジティブを吸い込んでしまう人、かわいそうにおもえちゃう人、こっちが恥ずかしくなる人。

八橋祭り!!!!!

おめでとうございます!
八橋祭り!!!
楽しかった、、、、感動しました。

付き合うならば☆

もしや、バンドのメンバーと付き合うならばどの楽器の人がいい?

VOCAL→絶対嫌だ。同業者だけは。あーだめだ。絶対いや。
ギター→嫌だ。エレキの人は最も嫌だ。ガットギターの地味で冴えない人だったら良いかも。
ピアノ・キーボード→嫌だー生ピアノならまだ良いかな。キーボードの人絶対嫌だー超ナンパなイメージ。
ドラム→いやだーストレスがたまっていそう。
てことで、付き合うならべーシスト。ウッドでもエレベでも。ちゃんと一音一音しっかり弾いてる感じがたまりません。

って、以上BON JOVIのLIVEをみて思った感想でした。皆はどう?
楽器の皆さん勝手言ってごめんなさい。

日記を。。。

更新しました。
お待たせちゃん。。。
毎日一喜一憂どこじゃない今日この頃。
素で二喜七憂くらい。
ううう、、、、

あ!
今日ヘ-ラに会いました。
なんか前よりお洒落になっていたような?スリランカ帰りだからか?
セン南東急5Fで会えますwithアセ-ラ。

ESP

今日、怪奇現象が3回起こりました。
よしこESPデビュー。

①新しいパスポートを作るために証明写真を撮ったら、髪の毛のところに白いぽわんとした玉が写ってしまった。わかるかなー顔の左っかわ。
レンズの汚れかと思いきや、ふと去年撮った証明写真がお財布にあるの思い出して見てみた。
去年撮ったのにも写ってました、、、、、、、、、ぽわん、、、おじいちゃま?
②マリー地下秘密スタジオでリーダーとコソ練をしていたら、遠くで突然ちっちゃい子供たちのざわざわする声が聞こえた。
なんか幼稚園児の集まりみたいな、小学生の朝礼前のざわざわみたいな子供たちの声。
あと、それをなだめてるっぽいおとなの女の人の声。
上に子供のお客さんでも来たのかなぁと思ってたけど、
リーダーには何も聞こえなかったらしくリーダーは震え上がりました。
③ちぇりおでCDをかけていたら、突然MDがかぶさって鳴り出した。びびってMDをとめた。

今日はそういう力が出てしまう日らしかった。
疲れてるからなんですか?よくわかんないけど。春は変な人多いからね。気をつけよ。

代々木LIVE!

楽蓮房企画でLIVEしてきましたーーー
けどバンドが一個減ってたり、
対バンの方がR&B、SOUL系と聞いていたのに完全ロックだったり、
ちょっと出鼻をくじかれたようなかんじで力を入れそこないました。
反省です。
普段聞かない畑の方々のLIVEで勉強になりました!


PATA PATAツアー完結編

三五氏とママに、PATA PATAツアーに連れて行ってもらいました!!
ハート&ソウルにパタパタのVIDEOがあることが判明し、それを観にいったのでした。
ミレアムマケバさん、セクシーでかっこよい人でした!
PATA PATA、コンガのみで伴奏なかったよ!すごいね!
かなり民族性の高い曲でした。
けど三五さんがTVでみた姿(淑子に似ているという)とはちがうVだったみたい。
1967年頃、土曜の午後3時にフジテレビでやってた「BEAT POP」っていう大橋巨泉が司会をしてた音楽番組で一時はやったんだって。おひょいさんがpata pataにあわせて振りを付けて、その踊りがすごいはやったんだって。BEAT POP情報をお持ちの方、是非ご一報ください。そのときミレアムマケバさんはターバンを巻いていたらしい。
つかここ一連のPATA PATA騒動は本当にすごい!
淑子は心から南アフリカに行ってみたいと思った。
南アフリカ、アパルトヘイト、ミレアムマケバ、ポールサイモンの「明日に架ける橋」、そういうキーワードが一日に何度も飛び交ってた。
決して同じ人、同じ場所じゃないし、話を振ってるわけでもないのに、突発的に皆が皆口にするの。そういう波がでていたのかな。そういう話をするべき空気に包まれてたのかな。ぽんぽんぽんぽん出てくる出てくる。すごい不思議で面白い感覚でした。パタパタに必然を感じまくった一週間だった!
三五さん、不思議体験をありがとうございます。必ずやいつかマスターします。
とりあえず、ツタヤで「アマンドラ」のDVDを借りてみようと思う!
最新記事
カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
ブロガーリンク
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。